MUJO

教育に関心を持つ日本一周ヒッチハイカーが儚き世を刹那的に楽しみ、明日も最高に立ち向かうための考えを発信していきます。

【子供の自己肯定感を高める】受容するだけじゃなぜ不十分か?そのヒントは、環境(仕組み)にあった

めちゃ大事なことに気付いた。 子供たちの自己肯定感を育むために大切なこと......... これまで、ずっと彼ら自身を受容することだと思ってた。 彼らの価値観を大切にして、存在そのものを認めてあげること。 もちろん、それも間違っていない。 1人の人間とし…

【環境を整える】子供の勉強を習慣にするために、「仕組み」を変えよう!

メリークリスマス!! こんにちは! 先日、目標に向かって継続して努力するためには、意志力を使うんじゃなくて、モチベーションが維持できるような 仕組み を構築することが大切という内容についてまとめました。 【武井壮さんに学ぶ】継続して努力するため…

【見れば元気になる!】世界一周しながら笑顔を届けている近藤大真さんの魅力!

ちょうど、3年前僕が就職活動をしている時、名古屋駅前で1人の男性に会った。 道行く人が通り過ぎていく中、彼は路上の端っこで、何かを広げていた。 サっと横目で見てみると、それは写真だった。 普段なら、通り過ぎていただろうけど、たまたまそんな彼と…

自分の能力をどう活かす?考える人で終わらず、行動に結びつけるために大切なこととは。

ふうーーーーー。 おおっと、考え込んでた! こんにちは!ウチダトモヤです。すんませんしょうもない導入で。 普段、良く考えてるつもりだけど、実際は不十分だった。現に変わらなかった。 そんな僕にとって、目から鱗の記事を読んだ時の感想と、それを実生…

【武井壮さんに学ぶ】継続して努力するために、意志力ではなく「仕組み」を作る!

皆さんは、「努力」という言葉に対してどんな印象がありますか? 努力と聞くと、 うおおおおおおおおお っていう体育会系のような精神論だと思う人もいれば、 小学生の頃から学校の先生や親に毎日のように言われてきた、身近な言葉に感じる人もいるとおもう…

【旅中に喧嘩した!】喧嘩の原因の本質と、関係をより良くするための建設的な方法

ちょうどこの2日間、能登半島への、男2人旅の記事を書いた! 【面白い旅がしたい】Yesしか言えない「All say yesの旅」で能登半島に行ってきた! - MUJO 【面白い旅がしたい②】Yesしか言えない「All say yesの旅」で千里浜をドライブした! - MUJO 読んで…

【面白い旅がしたい②】Yesしか言えない「All say yesの旅」で千里浜をドライブした!

(前回のあらすじ) 旅中、選択に迫られたとき"Yes"の選択しかできない、"All say Yesの旅"の旅を始めた。 最初の"Yes"は、ハロウィンの余韻を楽しむために、お菓子を配る、というもの。 合計200個のチロルチョコを購入し、道行く人と交流しながら、合計200…

【面白い旅がしたい】Yesしか言えない「All say yesの旅」で能登半島に行ってきた!

先日、能登半島の千里浜なぎさドライブウェイまで、男二人旅に行ってきました! 知る人ぞ知るこの千里浜はなんと、 日本で唯一車で砂浜を走れる道路なのです! ちなみに、海沿いを車で走ることが出来る道路は、世界的にも珍しく、wikipediaによるとアメリカの…

【教育実習】第一印象が最悪な状態から、生徒の心に自分の想いが届くまでの軌跡

3週間、高校への教育実習が終わった。 上手くいったことはほんの一握りで、出来ないことが大半だった。 でも、そんな課題だらけの自分に直面したとき、 「やべー」って思うと同時に、 「うおおおおお、学校ってすげえ。ここで、まだまだ自分はでっかくなれる…

【劣等感の運用】必死に、もがきながら前に進もうとしているあなたへ。

「何が海賊王だ。俺は.....弱い!!!」 ルフィが、エースを助けられなかったときに、ジンベイに言った言葉。 自分の力不足で、誰かの命を救うことが出来ない。 自分の力不足で誰かを笑顔にすることも、幸せにすることも出来ない。 そんなことを感じているあな…

自分の非を認める事の出来る子供たちを増やし、他者の非に寛容な社会を作るために

ごめん... って、誠心誠意つたえることって簡単そうだけど、意外と苦手な人もいる。 僕もその一人。 謝ることは、自分の非を認めることで、自分の不完全性が明らかになる瞬間で、同時に、全ての責任を背負う覚悟もいる。 だから、何だか気恥ずかしいし、つい…

人生がワクワクしていないあなたへ。「超つまらない人間」になっていた自分を分析して分かったこと

今からちょうど3か月前、僕はヒッチハイクで日本一周を終えた。ちょうど、このブログを始めた頃だ。 常識のしがらみから解放されて、世の中の本質がちょっとずつ見えてきて、 成功体験が積み重なったことで、新たに挑戦することが楽しくて楽しくて仕方なくて…

【コンプレックス克服】堀江貴文さんにも、強烈なコンプレックスがあった。

みなさんは、コンプレックスをお持ちだろうか。 コンプレックスは、一般に「劣等感」のことで、自分の「嫌いなところ」や「弱さ」 が、それにあたる。 コンプレックスがあることは、特別なことじゃない。 むしろ、無い人の方が、本当にごく稀だ。 一昔前に話…

ブレない、自信のある、自分になるためには、「自分だけのコンパス」を持つこと

社会に出て働きだすと、いつしか人は多忙になり、時間に追われ、見えない何かにずーっと追い回されてる妙な感覚が残る。 気付けば、 一体自分は何をしているのか、 一体自分は何者なのか、 何のために働いているのか分からなくなる。 そんな時の人は、自分の…

【自分らしさ】どんなしがらみがあっても、自分らしく居続ける大切さ

ちょうど先日、とある小学校に2日間、教育研修に行かせてもらった。 日中は授業を見させてもらって、授業後は放課後教室で20分の英語の授業をさせてもらうといった感じ。 子供の時から感じてたけど、学校には学校特有の空気感がある。 うまく言葉に表せない…

【言葉が秘めた可能性】自分の想いを実現するために、素直なコトバで発信していく

最近、自分のコトバを研ぎ澄ますことばかり、ずーっと考えている。 そもそも、何でコトバに関心を持つようになったかというと、勝間和代さんのメルマガがきっかけだった。 読んだことがある人なら分かると思うけど、勝間さんの文章は、まるで、清らかに流れ…

やりたいことを見つけるための原理①~自分の「世界地図」をひろげること

こんにちは。 ちょうど先日、何人かの小学生に「将来やりたいこと何かある?」と聞いてみると、 「分からない」 と返事が返ってきました。 後日、今度は中学生に同じ質問をしてみましたが、曖昧な答えしか返ってきません。やりたいことが無いと、いけないみ…

【言語センス】子供の心に想いを届けるためにボキャブラリーを増やしたい

ブログを始めたこともあり、言葉について考えることが増えた。 ・どうすれば読んでくれる方の心を揺さぶることが出来るか ・どうすれば読んでくれた方に目から鱗の体験を与えられるか 書く習慣はこれまでもあったけど、誰かに「書き渡す」習慣というものが無…

「何のために勉強するの?」に対する本質的な答え。

こんにちは。 子供の勉強嫌いって、年齢が上がっていくにつれ増えてしまうようですね。そんなこともあって、親を困らす子供の質問ランキングで常に上位に君臨するのが、 「何で勉強するの?」 っていう質問。 うーん、これに答えるのは難しいですよね。現代…

【介護等体験に行った!】高齢者と接して自分の中の色んな前提が覆った話

ちょうどこの一週間、特別養護老人ホームへ介護等体験に行って参りました。この介護等体験は、教育実習と並んで教員免許を取得するにあたり必須です。 今回は5日間の体験でしたが、普段子供たちと接していることが多い僕にとって、80代、90代と交流でき…

【教育バイト】教育に関心がある学生は、放課後デイで働いたほうがいい理由

こんにちは。 今日は、教育への関心が高い学生や、セカンドキャリアとして子育てに携わりたい主婦の方に向けた内容です。僕は、学生時代色んなアルバイトを経験しましたが、その中でも最高にやりがいがあって刺激的な仕事が、 「放課後等デイサービス」 です…

誰もが一度は考える「生きる意味」について僕はこう考える。

この膨大な宇宙の中に誕生した地球。 その地球に生まれた僕たち人間は、一体何のために生きているのか考えたことがありますか? もし考えたことがないのであれば、この機会に一緒に考えてみましょう。 まず何のために生きるのか?という答えは簡単に出るもの…

大人が「遊び心」を大切にすれば、もっとワクワクした世の中になる。

今日、腑に落ちたことがある。 子供の遊び心ってすごい。 ほとんど毎日同じ環境で、同じ友達なのに、飽きるどころかめちゃくちゃ楽しんで遊んでる。 工事に見立てて、穴を掘って池を作ったり、 紙筒に、ひもを通して、自作のブランコを作ったり、 色んな大き…

あなたは一体何のために成長するの?幸せになるための成長術

こんにちは! 「自分を変えたい!」「自分を成長させたい!」っていう思いは誰しもありますよね。 皆さんは、一体何のために成長したいのか考えたことがありますか? もし、答えが出ない場合は、一度立ち止まって考えてみてください。 そもそも、本当に自分…

【心理】自己中心的は悪いことじゃない。むしろ人として自然なこと。

こんにちは。 自己中心的って、一般的に悪い意味で使われます。 それもそのはず、わがままだったり、常識が無かったり、思いやりがない、そして自己愛に溢れているように見えるから、当然良くは見えないです。 けど僕たちは、内面の事情を考慮せず、表面上の…

人に優劣なんてあるの?年齢性別関係なくフラットな社会を見てみたい。

こんにちは。 僕たち人間は、勝手に人にラベル付けを行って、無意識の内に優劣の判断をしています。見た目、年齢、性別、信仰、能力、人種、出身地...。 けど、一体何をもって優劣とするのだろうか。 これは、一昔前に話題になった動画だ。 Love Has No Labe…

子供を肯定するめちゃくちゃ簡単な方法は、全力で一緒に楽しむこと

こんにちは。 皆さんは、子供に自己肯定感を育ませるためにどんなことをしていますか? ちょっと前に流行ったアドラー心理学だと、認めることや、勇気付けることが重要だと言われていますね。 僕自身も、子供に自己肯定感を育ませるために、これらをとても大…

過去に何してきたか関係なく、今この瞬間行動してるやつが偉い

どんだけ今までやってきても、これからやると 意気込んでてもいまこの瞬間行動してる人がえらい。頭で考えるのと体感するのは全然違うから。行動が最強。 これは、一緒に日本一周した亮介の言葉。 僕たち人間は、過去に何をやってきたかっていう実績で他人を…

「行動が大事は分かったけど、動けない!」を克服するたった1つの技術

素晴らしい計画は不要だ。計画は5%、実行が95%だ。 カルロス・ゴーン(日産自動車CEO) カルロス・ゴーン氏も言っているように、行動することってめちゃくちゃ大事です。行動しないのは0と同じですから、いくら面白いこと考えたとしても、変化は起きませ…

【覚悟】日本の教育を変えるために僕達が立ち向かわないといけないこと

「教育で子供を救う」とか、「教育で日本を変える」とか「子供を幸せにする」とか口ではいくらでも大きなことを言える。 けど、それで実際に何をするの?って言われると、抽象的な答えしか出てこない。 僕がまさにそうだ。 僕は、教育を通じて子供に「自立」…