MUJO

教育に関心を持つ日本一周ヒッチハイカーが儚き世を刹那的に楽しみ、明日も最高に立ち向かうための考えを発信していきます。

僕が教員採用試験1か月前にヒッチハイク日本一周旅に出た理由

こんにちは!ウチダトモヤです!

 

ちょうどつい最近、17日間をかけてヒッチハイクで日本一周しました!

総計94台の車に乗り継ぎ、数えきれない程の素敵な方々と日々交流し、交流し、交流し.......

f:id:tombo10bu:20170723225731j:plain

毎日が新鮮で、刺激的で、最高に密度の濃い時間を過ごせました!

この場をお借りして、関わってくださった全ての方にお礼を言います。本当にありがとうございました!!!

 

今回の旅で色んなことを感じた。詳しくはコチラ。

asulog.hatenablog.com

 

ここでは試験の直前で旅に出ようと思った動機について書いていこうと思う。

 

旅を始めたきっかけは、友達からの誘い。

3年前に留学をしてた時にニューヨークで知り合った友達から、まとまった時間が取れたから一緒に旅をしないかという誘いを受けた。

この時、内側から物凄いスピードでワクワク感が異常に込み上げてきて、試験が迫っているにも関わらず即答YESをした!

気づいたら3日後には日本一周の旅に出てた!(本当にほぼ思い付きの行動)

f:id:tombo10bu:20170723233024j:plain

試験にモチベーションが沸かず、旅にモチベーションが沸いた。

実は旅に行く前、どうしても教員採用試験の勉強のやる気が出なかった。

僕にとって、教員という職業はあくまで手段であり、成ること自体は目的ではないからだ。

これも別記事でまとめていくけど、

僕は、子供の自己肯定力を育て自己実現を支援すること、結果として多様な価値観が受け入れられて、人が生き生きと暮らせる社会を作りたい!と考えている

正職員のポジションでなくても、講師として子供と関わることは出来るし、長期的な目線で見ると、今この時間を暗記型の試験勉強に投ずるよりは、自分自身を奮い立たせ成長出来ることに使いたいと強く思った!

将来的に試験は何度でも挑戦出来る。だから、ほぼ時間の合うことのないこの相棒と一緒に旅に出るべきだと、直観的に感じた。

f:id:tombo10bu:20170724000443j:plain

 

 そして、、、、終わった今思うのは、

この決断をして本当に良かった!

この旅でこれまで感じることの出来なかった多くの発見を得て、僕の人生は間違いなく前進しました!

 

これからの人生で、

どんなに価値観が成熟しても、

環境に染まってしまっても、

ぞくぞくするような冒険を楽しめる大人になりたいと強く思う。

広告を非表示にする