MUJO

教育に関心を持つ日本一周ヒッチハイカーが儚き世を刹那的に楽しみ、明日も最高に立ち向かうための考えを発信していきます。

幸福度を高めるためには、充実感を優先すること

f:id:tombo10bu:20170806164713j:plain

こんにちは、ウチダトモヤです。

僕は人が生き生きとした社会を実現したいという想いから、個々の幸福度をその1つの指標として捉えています。

今日は、その幸福度を高めるために、なぜ充実感を得る行動を優先すべきかということについてまとめていきます。

 

 快楽の特徴と、充実感の特徴

人が自分の心を満たそうとするときに起こす行動は2つに分類出来ます。

快楽を求める行動と、②充実感を求める行動です。

ただ、通常これらの行動は脳の指令により、無意識に選択されていることがほとんどです。

それぞれの特徴を見ていきましょう!

f:id:tombo10bu:20170806130119j:plain

①快楽を求める行動に人が陥りやすいのは、一言でいうと、努力を必要とせず、簡単に心を満せてしまうからです

例えば、スマホ開いてSNSをする行為とか、お酒を飲む行為とか、ゲームをする行為とか、だらだらする行為とかって、強い意志や努力を全く必要としません。けど、これをすることで、瞬間的に心は満たされます。

この手っ取り早さが故に、ついつい快楽的行動を選択しがちになるわけです。

 

けどここには罠があって、あくまでこれは「瞬間的」に心が満たされているに過ぎないということ。

すぐに効果が切れ、すぐに次の快楽行動を欲するという症状が起きます。

 ちなみに、この行動パターンの繰り返しを「依存」といいます。

asulog.hatenablog.com

 

では、②充実感が得られる行動について見ていきましょう。

充実感は、快楽と異なり簡単に手っ取り早く得られるものではありません。

ですが、充実感を大切にすればするほど、自己肯定感や自己効力感も連動して上がっていくという好循環が起き、幸福度は上がっていくと個人的に感じています。

f:id:tombo10bu:20170806171736p:plain

 

充実感を得るためにはどうすればいいか?

f:id:tombo10bu:20170806200528j:plain

僕自身、今の生活は物凄く充実していると感じています。(残念なことにリア充ではない。苦笑)

以前のゲーム依存に陥っていた快楽主義の半年間と比較しても、幸福度はグンと上がりました。

快楽主義にどっぷり浸かってしまっている人は、最初は意識的に行動を変えていくことが必要になります。その後、好循環の波に乗れば自然と幸福度は高まっていきます。

では、以下に僕が思う充実感を高めるためにすべきことをまとめていきます。

 

本気になること

「本気になること」は自分の態度の問題(コントロール可能)であるため、自分がその気になればいつでも出来ます。

日常の些細な家事から、勉強、仕事、今挑戦していること、趣味、どれをとっても本気でやるのとやらないのとでは、自分の後味は大きく変わってきます。

 

スポーツは良い例ですね。僕はテニスが趣味で、最近では週1回やりますが、本気でやるのと手を抜いてやるのとでは、終わった後の充実感は雲泥の差です。

スポーツは体を動かすこと自体の効用もあり、充実感が得やすいと感じます。

 

他人との繋がり(自分の存在)を実感すること

人は社会に生きる動物であり、孤独な状態では充実感が得られません

そして、他人との繋がりを実感するには、傷つくことを恐れずに自分から心の壁を取り除いてオープンになることが必要です。

 

意外と日々の生活の中で、他人と接する機会って溢れています。学校や職場の他にも、道でのふとした出会いであったり、ふらっと買い物に行ったコンビニだったり...。

実際に、僕がヒッチハイクで日本一周していた時は、道行く人と交流していました。今でも、老若男女問わず店員さんとかにも結構話しかけます(笑)

 

会話する=繋がるというわけでありません

自分が心を開いて外に関心を持てば、同じように心を開いている人と繋がりを実感できます。感覚的な話なので、完全に理解するために、とりあえずやってみてください。

 

自己実現に向けて動くこと

自己実現に向けて動くことは、すなわち自分らしさを発揮することです。

自分を理解して、自分の想いに素直に従って動けば、行動は主体的になり、その行動の結果がどうであろうと、その過程に充実感は生まれると僕は思います。

 

僕も今は、テニスコーチや発達支援の仕事を通じて、子供たちの自己肯定力と自己実現力を育むことを目標に日々行動しています。

うまくいかないことも多々ありますが、それでも想いに向かって真っ直ぐ働けて、とても充実しています。(リア充ではない、2回目 泣)

 

仕事に対して、自分なりの意味付けをすると、自分がどのように社会に貢献しているか実感することが出来、それも相まって幸福度は高くなると僕は思う。

 

最後に

快楽主義そのものは悪いものではありません。 

ただ、無意識のうちに行われてしまう快楽行動と盲目的に接していると、幸福度を下げることになりかねません。

意識的に充足的な行動を選択すれば好循環が起き、幸福度は上がっていきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!