MUJO

教育に関心を持つ日本一周ヒッチハイカーが儚き世を刹那的に楽しみ、明日も最高に立ち向かうための考えを発信していきます。

【自己分析】やりたいことは原体験を探れば見つかる!

f:id:tombo10bu:20170811235143j:plain

こんにちは。

皆さんは、自分自身がどんな人間であるか説明できますか?

将来やりたいこと、趣味、好きなや嫌いなもの、特技、性格、価値観、信念 etc.

様々な特徴を挙げることが出来ると思います。

 

では、なぜそのような価値観を得たのか? なぜそのような性格になったのか

難しいですね。答えられる人は多くはないのではないでしょうか。

 

実は、人は自分のことを分かっているようで、実際は全然分かっていません。

それ故、自分の理解に苦しみ、自分を受け入れることが難しくなります。

特に、やりたいことが分からないという学生は多いのではないでしょうか

 

自分の価値観の表面をなぞっている限り、本当の自分には出会えません。

けど、自分の価値観の根元を辿ることが出来れば、全てが繋がっていることに気付くはずです。

 

全ての価値観は、必ず原体験から生まれる

f:id:tombo10bu:20170812195916j:plain

 

原体験って聞いたことありますか?

僕たちが持つ全ての価値観は、例外なく何かしらの経験から生まれたものです。

その中でも、

人生に大きな影響を与える経験原体験と言います。

例えば、生きていく上で大事にする考え方自分の信念などがありますね。

 

この価値観は、ネガティブな原体験もあれば、ポジティブな原体験から生まれることもあります。 

僕個人の主観では、ネガティブな経験から人生の軸となる信念を得る人が多いように思います。

ちなみに、僕自身もネガティブな小学生時代の原体験から将来の指針を得ています。

asulog.hatenablog.com

 

ポジティブな原体験

ではいくつか例を見てみましょう。

ポジティブな原体験は、「好き」「憧れ」という感情を強く揺さぶられた経験から生まれることが多いと僕は考えています。

父親に憧れて、同じ職業を目指した。

野球が好きで楽しくて仕方が無くて、プロ選手を目指した。

小さい頃に消防士に救われて、消防士を目指した。

 といった例は、全てポジティブな原体験です。

 

ネガティブな原体験 

ではネガティブな原体験にはどのようなものがあるのでしょうか。

貧乏な家庭で育ち、お金持ちになりたいと強く思うようになった。

身近な人を亡くし、生きる意味を考えるようになった。

小学校でいじめられた過去から、学校からいじめを無くしたい。

 

これはほんの僅かな例であって、人の数だけ原体験はあります。

僕自身も、幼少期に抑圧的な環境で自分の個性を発揮できなかった過去から価値観が受容される社会を作りたいという想いを得ています。

 

ネガティブな原体験からも、当然プラスの想いは生まれます。

この原体験から生まれる価値観が強いからこそ、人は信念をもって、強い原動力を働かせることが出来るわけです。

 

自分を知れば、自信にもつながる

f:id:tombo10bu:20170812204737j:plain

さて、今日は人生の軸となりうる原体験と価値観の関係についてみてきました。

自分を知ることは、自信にもつながります。

 

自分のルーツを知らなければ、自分を信じることなんて出来ないから。

それ以上に自分を知るためには、自分と素直に向き合って過去の自分を受け入れていくことが必要です。

原体験を探ることは、自己受容を行う手段にもなり、結果的に自信につながるというわけです。

 

原体験を探っていく方法については、明日まとめていきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました!