MUJO

教育に関心を持つ日本一周ヒッチハイカーが儚き世を刹那的に楽しみ、明日も最高に立ち向かうための考えを発信していきます。

ブレない、自信のある、自分になるためには、「自分だけのコンパス」を持つこと

f:id:tombo10bu:20171013122010j:plain

社会に出て働きだすと、いつしか人は多忙になり、時間に追われ、見えない何かにずーっと追い回されてる妙な感覚が残る。

 

気付けば、

一体自分は何をしているのか、

一体自分は何者なのか、

何のために働いているのか分からなくなる。

 

そんな時の人は、自分の行方も分からぬまま、ただただ盲目的に走り続ける。

これが、いわゆるブレの状態。

 

ブレてる時の人は、自分の進む方角に確信が無いから、どこか自信が無く見える。

自信が無いから、その走り様に力強さは感じないし、道なき道を切り拓く事もできない。

 

森の中で迷子になった時、闇雲に走っても抜け出せないように、ブレから抜け出すには、確かな目印となるもの、つまり

コンパス

を持つことが必要だ。

 

コンパスにも、いくつか種類があるだろうが、ここでは、「人生の指針となるコンパス」について一緒に考えていきたい。

 

 ブレやすい世の中 

そもそもブレてしまう原因に、時代の荒波の影響がある。

 

 これまでは、いい大学に入って、安定した職について、結婚して、子供を産んで、家を買って…

っていう人生観が一般的だった。

よく「レールの上に敷かれた人生」と表現されることが多いが、確かに人生設計の王道モデルとして、人々の基準となっていた。

 

しかし、インターネットの普及により、いとも簡単に、莫大な情報と、多様な価値観に触れる事のできる社会になり、特に近年はスマホの普及で、その流れは猛スピードで加速している。

 

学校や大学の存在意義が問われ、

安定より、やりがいを仕事に求める若者が増加し、

結婚をしない選択も特別ではなくなり、

持ち家vs賃貸の議論なんかも見られるようになった。

 

これまで盲目的に信じてきた、当たり前の常識が見直されて、正解を自分で見つける世の中に移り変わっている。

 

人がブレるのは、これまで正しい方向を指していると思ってきたコンパスが、使い物にならなくなってきているから。

そして、正解を自分で見つける社会には、コンパスは人の数だけ無数に存在しているから。

 

ブレないために、自分に問うてみる

f:id:tombo10bu:20171013122405j:plain

ブレないためには、自分だけのコンパスを見つけるしかない。

他人のコンパスを模倣しても、それが指し示す方向は、どこまでも他人の道であって、自分の道ではないから。

 

だから、ブログや本を読んだから、ブレなくなるなんてことは、本質的にありえない。

仮にその時は、ブレなくなったように感じるかもしれないけど、根がしっかりしていない木はすぐにグラついてしまう。

 

ブレなくなるためには、他人の解ではなく、自分が心の底から納得のいく指針を、自分で見つけ出すしかない。

 

自分だけのコンパス見つけ

f:id:tombo10bu:20171013123259j:plain

自分のコンパスを見つけること、と何度も言ってきたけど、

コンパス見つけ=信念の言語化

と考えていい。

 

今まで見えなかった、人生に対する自分の信念や想いが、パァーーッと、客観的に見えるようになったとき、パラダイムシフトは初めて起きる。 

言語化とは、頭の中のものをコトバとして取り出す、まさにそんな作業のことだ。

 

そして、自分の信念を言葉として取り出すことは、

自分との対話

を通して行われる。

本当に一貫した自分を確立したいのなら、繕った自分ではなく、本当の自分と真剣に向き合うことが必要。それには、強い覚悟がいる。

 

まだ、自分の信念がまったく見えていない人は、以前のこの記事が参考になると思う。

asulog.hatenablog.com

 

魔法の言葉「何のためにしてるの? 」

 さて、森をさんざん彷徨った末には、こんな問いを突き付けられるだろう。

 

何のためにしているの?

 

この問いは、自分をあるべき姿に導いてくれる、魔法の言葉だ。

ブレない人ほど、この自問自答を頭の片隅にずっと置いているように思う。

 

ちなみに、この答えは正解はないし、人によっても当然違う。

同じレンガを積むという作業でも、

ただ単にレンガを積んでいる職人もいれば、教会を作っている職人もいるし、人々の憩いの場を作っている職人もいる。

 

大事なのは、その答えに確固たる自信を持っているか。

なぜなら、その自信こそが、ブレない力そのものだから。

 

 けど、自分の答えに自信が無くても大丈夫。

 

もう一度落ち着いて、自分と対話すればいいし、答えは自分の価値観に隠れているはず。

 

コンパスを見つけた先にあるもの

こんな正解がない世の中なんて、生き辛いと思う人もいるかもしれないし、確かにその気持ちは分かる。

僕も、ずっともがいてきたし、決められたことをこなすほど、楽なコトはない。

 

けど、自分の生き方や信念を見つければ、間違いなく生きやすくなる。

ネットの情報にいちいち踊らされることも無くなるし、ぶつけられても折れない芯が出来る。

そんな状態は、自信に満ち溢れてて、毎日心を弾ませながら生きていける。

 

時にはコンパスを見失うかもしれないけど、そのときはまた「魔法の言葉」に立ち返ればいい。

 

大丈夫あなたなら出来る。