MUJO

教育に関心を持つ日本一周ヒッチハイカーが儚き世を刹那的に楽しみ、明日も最高に立ち向かうための考えを発信していきます。

【面白い旅がしたい②】Yesしか言えない「All say yesの旅」で千里浜をドライブした!

(前回のあらすじ)

旅中、選択に迫られたとき"Yes"の選択しかできない、"All say Yesの旅"の旅を始めた。

最初の"Yes"は、ハロウィンの余韻を楽しむために、お菓子を配る、というもの。

合計200個のチロルチョコを購入し、道行く人と交流しながら、合計200個のチョコを配りきった。

asulog.hatenablog.com

 

Say Yes② 「今の人達にも、戻ってチョコ配りに行こうよ!」

2日目には、日本で唯一、車で砂浜を走れる道路、千里浜なぎさドライブウェイに向かった。

もう一度言っておくと、海沿いを車で走ることが出来る道路は世界で3か所しかない。そしてその1つが、ここ千里浜。

 

もう楽しみすぎる!!!!

 

おお、段々見えてきた!

なんだこれ、凄い予感しかしないじゃないか!(笑)

この日の天気は晴れで、秋の心地よい気候だったから、もう当たりの予感しかしなかった!

 

期待は最高潮、いざ砂浜道路へ!

 

うぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおお!!!!

すげえええええええ!!

 

とにかくめちゃくちゃ綺麗で、鳥取砂丘に行った時くらい感動した!

 

ちなみに、その時にとった動画がこちら!


Chirihama beach driveway

 

テンションが上がりに上がった僕たちは、調子に乗って、写真を撮りまくる。

 

バトミントンもする!!!

車にも乗っかる!!!

 

おおおおおお!千里浜、、、凄い!

僕の未熟なカメラワークでも、こんなにも映えてしまう。凄いぞ千里浜!

超広角レンズ持ってなかったのが心残り。

 

 

さて、すっかり"All say yes"をすっぽかしていたけど、写真を満足いくだけ撮った後、再び再開!

車で走り続けると、僕たちと同年代くらいの人を見かけた。

 

「せっかくだから、今の人たちにもチョコを渡しに行こうよ!」

もちろん「Yes!!!」

 

すっかりテンションが上がった僕たちは、車を引き返して、話しかけに行くことにした。

だがこれが、惨事の始まりだ。

 

ドスン

 

タイヤがハマった。

引き返す為に、押し固まった砂道から外れたことが原因。基本的に、車跡がない砂部分は、柔らかいらしい。

 

車を押すも、そんな気合いを嘲笑うかのようなタイヤ。

うおおおおおお!!!!

やはり僕たち2人だけの力では、非力だ。

 

こうなれば、人の手を借りるしかない。

 

車の流れが殆ど無い中、通りすがる車を待つ。

 

 

 

そして、ついに救世主が現れた!!

 僕らと同じように、男二人組でドライブをしていた大学生のお二人。

僕たちの姿を見て、車を停めて駆けつけてくれた!

おおおおおお!本当にありがとう!!! 

 

 

そして通りすがる、そんな様子を見かねた人達が次々と駆けつけてくれた!!!!

ダンボールを持ってきてくれた、ご夫婦と、

 

 先ほど同じようにタイヤがハマって、助けてもらったという、女性二人組。

(そんなにも車をはめているとは・・・おそるべし千里浜。。)

 

おぉ、心強い!これならいけそうだ!

 

 

ご夫婦が持ってきてくれた、ダンボールをタイヤの下に押し込んで、総勢7人で車を押す!

ごめん、パンダくん・・・。頼んだぞ!!

 

 

そしてついに・・・!

動いた!!動いたぞ!!!

 

喜びに包まれる中、駆けつけてくれた皆さんには、申し訳なさと感謝の気持ちしかない。

というよりも、自ら車を停めてきてくれる、その勇気と行動、本当に凄いと思った。

本当にご迷惑をおかけしてしまいましたが、停まって助けてくださり、本当にありがとうございました!

 

パンダくんも、本当にありがとう!

 

千里浜に向かう予定の皆さんは、万が一のことを考えて、ダンボールを持っていくことをお忘れなく!

晴れた千里浜は、とても綺麗で、夕焼けも本当に美しいです。

是非、足を運んでみてください。

 

 

2日間の"All say Yesの旅"はこれで終わり!

この他にもYesに挑戦したことは、たくさんあるけど、細かくなってしまうので、割愛します。

 

 

10mmレンズも買ったし、また絶景を求めて旅に出る!!!!!!

読んでくださる皆様、カメラ初心者ですが、一緒に撮影に行ける仲間探してます!普段は名古屋周辺にいます!

もし、教えてやってもいいよ!という方がいらっしゃれば連絡ください!